セミナー・シンポジウムなどの開催予定

第33回太陽光発電シンポジウム

講演タイトル

自然エネルギーの導入拡大に向けた系統運用 ~日本と欧州の比較から~

講演者写真

公益財団法人自然エネルギー財団
上級研究員

分山 達也 氏

講演内容

日本ではFIT法の施行後、太陽光発電を中心に自然エネルギーの導入量が増加しているが、その一方で、今後、30日等出力制御枠を超える導入は無制限・無補償の出力抑制の対象になり、地域内系統では空容量が不足するなど、更なる自然エネルギーの促進に向けて困難な状況が生じている。そこで欧州の系統運用を参考に、日本の自然エネルギーの導入拡大に向けた系統運用上の課題と改善策について紹介する。