セミナー・シンポジウムなどの開催予定

太陽光発電システム設計・運用セミナー(広島)
~JIS C 8955:2017採用の電技解釈の改正と安全性の高い太陽光発電システムの普及を目指して~


2012年7月の再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT制度1))の導入に伴い、太陽光発電システムの導入量は急増しています。
太陽光発電システムは、電気設備の技術基準の解釈2)に従い構造設計を行います。経済産業省では太陽電池発電所の安全を確保するための基準について審議した結果、 改訂されたJIS C 8955:2017を採用することが適当とし、電気設備の技術基準の解釈第46条を改正する予定です。 NEDO事業3)において、奥地建産株式会社と一般社団法人太陽光発電協会(JPEA)は、太陽光発電システムの自然災害や経年劣化に対して安全性と経済性を確保するため、 構造安全性の課題に関する調査・研究・実証試験を進め、自然災害や経年劣化に対して安全性と経済性が高い太陽光発電システムの架台・基礎の設計基準となる「地上設置型太陽光発電システムの設計ガイドライン2017年版」と「地上設置型太陽光発電システムの構造設計例」を策定しました。 現在はこの設計ガイドラインの内容充実を図り、改訂を進めています。
今回、改正予定の電気設備の技術基準の解釈や設計ガイドラインを中心に、関連する太陽光発電システムの保守・点検や評価などを実施する上で参考になる事項や資料などを解説するセミナーを8月から全国で開催します。今回は広島市で開催するセミナーについてご案内申し上げます。

セミナー開催ニュースリリース:http://www.jpea.gr.jp/pdf/180618PVguidelinesSeminar.pdf
セミナー(広島)案内チラシ :181001seminar_Hiroshima.pdf


開催概要(広島)

日 時 2018年10月1日(月)13:30~16:30(予定)
場 所 ワークピア広島 4階 芙蓉(広島県広島市南区金屋町4-15)
アクセス → https://www.workpier.jp/access/
主 催 経済産業省中国四国産業保安監督部
一般社団法人太陽光発電協会(JPEA)
参加費 無料
対象者 太陽光発電のオーナー・事業者、電気主任技術者、関係省庁・自治体担当者など
内容 電気設備の技術基準の解釈、太陽光発電に対する施策の紹介、NEDO成果の設計ガイドラインの解説、関連するJPEA自主作成資料等を紹介します。
定 員 150名(事前申込・先着制、定員になり次第締め切らせて頂きます。)
資料 地上設置型太陽光発電システムの設計ガイドラインと構造設計例は、NEDO、奥地建産、JPEAのホームページからダウンロードができます。
NEDO:http://www.nedo.go.jp/activities/ZZJP2_100060.html?from=key
奥地建産:http://www.okuji.co.jp/news_release2.html
JPEA:http://jpea.gr.jp/topics/guideline.html
その他 全国10カ所(北海道、宮城、東京、愛知、富山、大阪、広島、香川、福岡、沖縄)で開催するセミナーの広島市での開催のご案内です。
各地での開催の詳細と案内は順次、JPEAホームページでお知らせします。


参加お申込み

【1】メールによるお申込み

ご参加には予めお申込みが必要です。
弊協会の「個人情報保護に関する基本方針」(http://www.jpea.gr.jp/policy/index.html )をご覧頂き、同意頂いた上でのお申込みをお願いします。

お申込みは、E-mailのタイトルに「設計・運用セミナー(広島)申込」と記載し、下記の必要事項をご記入(*は必須事項)頂き、E-mailseminar@jpea.gr.jpにて送信下さい。

  • ① 姓名(漢字)*
  • ② 姓名(かな)*
  • ③ 会社名/団体名*
  • ④ 部署名
  • ⑤ メールアドレス*
  • ⑥ 電話番号*

※申込メールの内容を確認し、受付確認メールを返信します。当日はこの受付確認メールを印刷の上、必ずご持参下さい。

【2】ファックスによるお申込み

原則は【1】のE-mailでのお申込みとさせて頂きますが、メールがご利用できない場合は、ファックスのタイトルは「設計・運用セミナー(広島)申込」とし、上記①~⑥の必要事項および連絡のとれるファックス番号*をご記入(*は必須事項)頂き、Fax:03-6268-8566へ送信下さい。

※申込ファックスの内容を確認し、受付確認ファックスを返信します。当日はこの受付確認ファックスを必ずご持参下さい。

【3】当日の受付

受付にて、印刷された「受付確認メール」または「受付確認ファックス」と名刺(1枚)をいただき、セミナー配布資料をお渡しします。


プログラム

時間
(目安)
タイトル(仮) 概要(案) 講師(予定)
13:30~
13:40   
開会挨拶 セミナーの趣旨説明 JPEA
13:40~
14:00   
電技解釈の改正と使用前安全管理審査の分析結果 中国四国産業
保安監督部
電力安全課
14:00~
15:00   
JIS C 8955(太陽電池アレイ用支持物の設計用荷重算出方法)の改定内容 日本大学
西川教授
15:00~
15:10   
休憩
15:10~
16:00   
設計ガイドラインの概要 PV設備の構造安全確保のための設計ガイドラインの説明 奥地建産
16:00~
16:25   
太陽光発電の安全確保に対する取組み NEDO事業の成果やJPEA自主作成資料の説明 JPEA
16:25~
16:30   
閉会 アンケートの依頼等 JPEA


お問い合わせ先

一般社団法人 太陽光発電協会(JPEA)
担当:井上
〒105-0004
東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル8F
TEL:03-6268-8544
本件に関するお問い合わせE-mail:
JPEAホームページ:http://www.jpea.gr.jp/index.html

ページトップへ