“PVJapan2017”開催概要

開催概要

ご挨拶

2012年に固定価格買取制度(FIT制度)が開始されて以来、急激な成長を遂げてきた日本の太陽光発電市場は、「改正FIT法」「電力システム改革」のもと、新たな普及のステージに入ろうとしています。

また、第21回気候変動枠組条約締約国会議(COP21)で「パリ協定」が合意されたことにより、国際社会は再生可能エネルギーなどによる「脱炭素化」に向けて大きく舵を切りました。そのような中、貴重な純国産エネルギーでもある太陽光発電の重要性は、今後ますます高まって参ります。

太陽光発電協会(JPEA)が主催をさせていただく “PVJapan2017”では、出展者の皆様方に、良質なビジネスマッチングの機会を提供すると共に、独自性溢れる展示によって、関係者のみならず多くの一般の方々にも太陽光発電の明るい未来と希望をご理解いただくよい機会になることと考えています。

多くの企業・団体の皆様方の出展を心よりお待ちしております。

一般社団法人太陽光発電協会代表理事 長榮 周作

太陽光発電協会(JPEA)について

一般社団法人太陽光発電協会(Japan Photovoltaic Energy Association:略称JPEA)は、1987年にその前身である『太陽光発電懇話会』として設立されてから現在に至るまで、一貫して太陽光発電の普及促進と産業発展に努めてまいりました。セル・モジュールメーカーから周辺機器、ゼネコン・住宅関連、流通、電力、公益団体等、太陽光発電に関連する幅広い企業・団体143社(2016年12月2日現在)によって構成されています。

電話・Emailでお問い合わせの方

“PVJapan”運営事務局[(株)日経ピーアール内]

TEL: 03-6812-8694

Email: pvj@nikkeipr.co.jp

(9:30~17:30土・日・祝を除く)