エグゼクティブセミナー

セッション名

エグゼクティブセミナー

講演日時

2018年6月20日(水) 10:30~12:00

2018年6月21日(木) 15:15~16:45

会場

アネックスホール F201・202MAP

参加費用

無料(事前登録制)
※お申込みについては、定員になり次第締め切らせていただきます。

※講演資料の配布はございません。

6月20日(水)

ES-1 F201・202
10:30~12:00
平野 敦彦 氏
太陽光発電の確実なる主力電源化に向けて
平野 敦彦 氏

一般社団法人太陽光発電協会
代表理事

山崎 琢矢 氏
再生可能エネルギー政策の今後の展望(仮)
杉山 佳弘 氏

経済産業省 資源エネルギー庁
省エネルギー・新エネルギー部
再生可能エネルギー推進室長

※都合によりご登壇者が当初の山崎課長から杉山室長に変更になりました。
石垣 友明 氏
気候変動外交のダイナミズムと重要性を増す再生可能エネルギー(仮)
石垣 友明 氏

外務省
国際協力局
気候変動課長

講演内容

気候変動を巡る国際情勢はパリ協定の成立以降,脱炭素化に向けて大きく加速しています。特に最近の再生可能エネルギー導入の規模拡大に伴う価格競争力の向上が,その加速に寄与していることは疑う余地がありません。気候変動対策は,温室効果ガス排出削減という環境的側面にとどまらず,国家の経済成長や企業の競争力の向上,そしてグローバルなリーダーシップを巡る競争となってきています。さらに,気候変動の進行は,国家の安全保障にも影響を与え得ることからも,総合的な外交課題となってきます。最近の国際情勢の展開を踏まえ,こうした気候変動およびエネルギーをめぐる動向と日本の課題について取り上げます。

6月21日(木)

ES-2 F201・202
15:15~16:45
増川 武昭 氏
最近の太陽光発電協会の取り組み
増川 武昭 氏

一般社団法人太陽光発電協会
事務局長

森下 哲 氏
脱炭素社会の主役である太陽光発電の支援補助金などの環境
省政策について
森下 哲 氏

環境省
地球環境局長

講演内容

・太陽光発電は出力が変動しやすいですが、エネルギーを使う現場で短期間で設置できる、このため系統への負荷が小さい、蓄電や水素利用と相性がよく地産地消に役立つなどのメリットがあり、脱炭素社会実現の鍵を握るエネルギーです。
・太陽光発電の普及拡大の主役は、太陽光のパネルメーカーや発電事業者だけでなく、国民・消費者や、エネルギーを使う企業、自治体など、すべての主体です。
・当日は、環境省としての太陽光発電に対する期待、3月に策定した「環境省再エネ加速化・最大化促進プログラム」に盛り込まれた環境省の補助金などの政策、参考事例をご紹介します。

鎌田 知也 氏
農山漁村の活性化につながる再生可能エネルギーについて
鎌田 知也 氏

農林水産省 食料産業局
バイオマス循環資源課
再生可能エネルギー室長

講演内容

国土の大宗を占める農山漁村は、森林資源等のバイオマス、水、土地などの資源が豊富に存在し、再生可能エネルギー利用の面で高いポテンシャルを有している。これらを有効活用した再生可能エネルギーが適切に導入されることにより、地域の農林漁業の振興や地域経済の好循環が期待される。 一方、農家所得の向上や荒廃農地の解消等農政の喫緊の課題への一つの解決策として、営農型太陽光発電の促進が注目されている。

※講師、プログラム内容は、都合により予告なしに変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

※すべての講演、セミナーにおいて、録音、写真・ビデオ撮影などは禁止させていただきます。

ゴールドスポンサー

  • Solar Frontier
  • Panasonic
  • Miisubishi

シルバースポンサー

  • XSOL
  • NTT
  • okuji
  • kaneka
  • Tmeic

電話・Emailでお問い合わせの方

“PVJapan”運営事務局[(株)日経ピーアール内]

TEL: 03-6812-8694

Email: pvj@nikkeipr.co.jp

(9:30~17:30 土・日・祝を除く)

閉じる X
プロフィール
石垣 友明 氏
石垣 友明 氏

外務省

国際協力局

気候変動課長

外務省職員。これまで国際法、国際貿易・投資(WTO,EPA,TPP)、対外援助、安全保障、軍縮不拡散、気候変動問題等の分野を担当。ニューヨークの国連代表部では,安全保障理事会における北朝鮮,イランの制裁問題のほか,軍縮不拡散分野では武器貿易条約の交渉・採択に貢献。気候変動交渉においては,G7の気候変動と脆弱性作業部会の議長を務めたほか,マラケシュでのCOP22会議などに参加。
総理大臣官邸(総理補佐官秘書官)、内閣法制局(参事官)への出向経験あり。また,総理大臣,外務大臣等の通訳を数多く経験。2007年から慶應義塾大学法学部にて国際法演習の授業を担当。国際法,軍縮不拡散等に関する講演歴のほか,関連する論文・著作等あり。

閉じる X
プロフィール
森下 哲 氏
脱炭素社会の主役である太陽光発電の支援補助金などの環境省政策について
森下 哲 氏

環境省

地球環境局長

平成16年7月 環境省環境管理局総務課調査官

平成17年7月 環境省総合環境政策局環境保健部企画課化学物質審査室長

平成19年7月 環境省総合環境政策局環境保健部環境安全化環境リスク評価室長

平成20年7月 大阪府副理事

平成22年7月 環境省大臣官房付

平成22年8月 環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課リサイクル推進室長

平成24年7月 環境省水・大気環境局自動車環境対策課長

平成25年7月 環境省大臣官房参事官

平成26年7月 環境省総合環境政策局環境保健部環境安全課長

平成27年7月 環境省地球環境局総務課長

平成28年6月 環境省大臣官房審議官

平成29年7月 環境省地球環境局長

閉じる X
プロフィール
森下 哲 氏
農山漁村の活性化につながる再生可能エネルギーについて
鎌田 知也 氏

農林水産省 食料産業局

バイオマス循環資源課

再生可能エネルギー室長

1988年 農林水産省入省

2017年4月より現職

専門分野:農業土木

技術士(総合技術監理部門、農業部門、建設部門)

東京農工大学非常勤講師

閉じる X