太陽光発電協会は行政・中小規模企業の需要家との意見交換会に参加

太陽光発電はFITによる売電目的から自家消費へ設置目的が大きく変わってきており、自分で発電した電力を使った再エネ100%を達成する事例も公表されるようになってきています。今後のさらなる再エネの普及のために、課題明確化を目的として、グリーン購入ネットワークが主催した供給側(JPEA)と需要家側(RE Action)との意見交換会に参加しました。



ページトップへ