協会沿革

太陽光発電に関する出来事と協会の歩み

1954
世界初の太陽電池開発
1973
第一次石油危機
1974
「サンシャイン計画」開始
1987
「太陽光発電懇話会」として設立
1990
「太陽光発電システムシンポジウム」を主催
1992
個人住宅での逆潮流ありの 太陽光発電システムの実用開始
電力会社による余剰電力買い取り開始
NEDOによる「フィールドテスト事業」開始
1993
「ニューサンシャイン計画」開始
1994
住宅用太陽光発電システム設置に対する補助事業開始
1997
「京都議定書」採択
2000
「太陽光発電協会」に改称
2008
任意団体から法人へ移行
総合イベント「PVJapan」をSEMIと共同主催
2009
住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金事業受託に伴い「太陽光発電普及拡大センター」(J-PEC)設立
「太陽光発電施工技術センター」(J-cot)設立
「一般社団法人太陽光発電協会」へ改称
エネルギー供給構造高度化法成立により余剰電力買取制度開始
2010
JPEAの提唱により「アジア・パシフィック 太陽光発電産業協議会」(APPIC)設立
2012
「JPEA復興センター」(JPReC)設立
「JPEA代行申請センター」(JP-AC)設立
「PV施工技術者制度運営センター」(Jcot)設立
再生可能エネルギーの固定価格買取制度開始
2013
第1回「PV施工技術者」認定試験実施
2016
「パリ協定」発効
「太陽光発電システム保守点検ガイドライン」を
JEMAと共同作成・公開
2017
改正FTI法施行
ページトップへ